ストレスなし!運動もせず、食生活改善だけで8kgダイエット!

私は、落ち着きのない幼稚園児と活発な乳児を抱えた専業主婦です。

旦那の稼ぎでフィットネスクラブに通おうとは到底思えず、そもそも家事育児に追われており、時間があれば少しでも寝たいという日々を送っています。

そんな生活を続け、産後半年を経っても妊娠前の体重にすら戻れずにいた私の頬には高校時代以来約10年間見なかったニキビが現れました。

それでも「そのうち手が空いたら…」と軽く考えていた私に、ある日、息子の容赦ない一言が刺さりました。

「ママって、また赤ちゃんいるの?」ありがちな言葉ながら、さすがにショックを受けた私は、ようやく重い腰をあげます。

とはいえ、前述の通り専業主婦の身でしかも乳児を抱えて外に通うのはムリ!なので、食事を見直してみました。簡単ダイエットチャレンジ、スタートです。

まずは長男が幼稚園に行っている間、自分一人だからと手抜きしまくっていた昼食。

カップ麺だけとか、ウインナーとご飯だけとか、とにかく野菜が少なかったので、改善すべき点は明白です。

でも、面倒くさがりな私は手間を増やすと長続きしそうにないので、トマトやきゅうりなど、洗うだけで済む野菜を摂ったり、朝御飯のおかずを多目に作ってその残りを食べるようにしました。

これは元々、次男の妊娠中に「妊娠糖尿病」と診断され、血糖値の上昇を抑えるために野菜を増やせと言われた時にやっていた方法なので、抵抗なく続いています。

食物繊維で、お腹の調子が良くなり、肌も体型も改善されているのを感じます。

次に夕飯。最低でも週5回とノルマを決め、温野菜を作る事にしました。

内容は小松菜とニンジン、ブロッコリーにオクラはほぼ毎回、他に玉ねぎやカボチャなど適当に放り込んで茹でるだけ。

次男の離乳食にも使えるし、ドレッシングを変えれば意外と飽きずに食べられるので、かれこれ4ヶ月ほど続いています。

しかも、同じ夕食を摂る主人まで体重が落ちてきたと喜んでいます。

最後に、間食として脂質や糖質の多い物を食べていたので、チーズに変えました。

本当は何も食べないで我慢すれば良いのですが、そこはゆるく長く続ける為に妥協しました。

最初に書いた息子の台詞から約5ヶ月経ちますが、上のようなごく簡単な食生活改善を続けただけで、開始1ヶ月後には明らかに化粧ノリが良くなり、今では体重も次男妊娠前より3kg、一番多かった時より8kg落ちました。

心なしか疲れにくい身体にもなっていますし、家族全体の健康の為にも、ずっと続けて行きたいと考えています。

ぐうたら主婦の私でも出来たので、これを読んで興味をお持ちになった方は是非試してほしい、簡単ダイエットチャレンジでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です